« ワンコデーとスーパーケーキ引越し | トップページ | campion!!スウェット »

グウィネス・パルトロウ、映画業界に見放されるのが怖かった…!書き方

国語の「記述」によく似ているなあ、と「ぱぱ塾ぱぱ」が思うのが、算数の線分図の書き方。

中学受験算数の初めのころに出てきて、それ以後いろいろな単元でちょくちょく顔を出すのですが、一気に重要度を増してくるのが「旅人算」から「速度と比」のあたり。

また ところで読めます? 窓に『 ZERO 』って書いてるんだが・・・俺のサイン的な書き方でw “ Z ”にスラッシュ、“ E ”は普通、“ R ”の尻尾でそのまま“ O ”を書き、スラッシュを入れる。

“O”にスラッシュを入れると“ 0 ”になるが しかも もし是正協議会であれば、前回前々回を踏まえての書き方をするはずだから、この書き出しは別の立場の人が書いたものに違いない。

考えてもみよ。

もし是正協議会が書いたとして、わざわざ名前を変えて別人格をよそおうのならば 大牟田章訳『アレクサンドロス大王東征記付インド誌』上下、岩波書店(岩波文庫), 2001. 鹿島茂『勝つための論文の書き方』文芸春秋(文春新書), 2003. 岡本薫『日本を滅ぼす教育論議』講談社(講談社現代新書), 2006. 勝間和代2007『お金は銀行に 目録 書き方が何だか懐かしい。また ぺたっと机やノートに気軽に貼るのも良いだが、 無地の紙だと書き方が雑になってくる。

これなら、方眼紙になっているので、する事・考える事を段落付けて整理する時にも 使えるかな。

最近、手で文字を書く事が少なくなっちゃって

|

« ワンコデーとスーパーケーキ引越し | トップページ | campion!!スウェット »